FC2ブログ

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.11.28 22:13

ライヴから戻ってきて、1週間になりましたが。
ようやくまとまったので、自己記録レポ。


・・・相変わらず長いです(笑)







今回はマイミクさんおふたりと一緒に参戦。
やっぱり誰かと一緒にライヴを見るのは楽しい。

整理番号は116~118番。
前に行こうと思えば行ける番号ではあるけれど、がっつり最前列・・・ってほどでもないので、真ん中あたりでゆったり聴くことに。

会場は17時。開演は18時。 入ってからが長いのなんのって(笑)
お友達のひとりはシュンちゃん前で見るとのことだったので、私ともうひとりのお友達はこまっちゃんが良く見える位置をさがして、あちこち移動。
フロアの真ん中あたりの、ステージに向かって左側で見ることにしました。
こまっちゃんは叩く時に右を向くので、左側に陣取るのがベストポジションだもんね。

何度も時計を見ながら、ようやく18時になった時、客電がゆっくり消えました。時間に正確だ!(笑)

「インタールード」が流れ、メンバー登場。
松江さん、沖山さん、こまっちゃん、泰行くん、シュンちゃんの順番だったと思う。
みんなツアーTシャツを着ているのに、泰行くんだけストライプのシャツ。
・・・と思ったら、あとでMCで言ってたけど、シャツの下にちゃんとTシャツを着ていたそうです(笑)
ちなみに松江さんが紫、沖山さんとこまっちゃんが黒、シュンちゃんと泰行くんがグレーでした。

待ちに待った1曲目は、2枚目のアルバム「River」から、インスト曲「To Be Continued」。
いきなりこの曲?って思ったけど、みんな楽しそうに演奏してて、そんな姿を見てると嬉しくなってきました。
シュンちゃん、こまっちゃんはいつになく客席ガン見してました。
誰か探してんの?って思うくらい(笑)
ドラムセットは、キリンジの時のキラキラのYAMAHAではなく、Ludwig(たぶん)のセット。低音がズシン、ときます。

続いては、「Fine play」。
「雨が上がる 光まとった町は~♪」と歌いだす泰行くん。
すごく伸びていていい声でした。マイナスイオンたっぷり~

この日はお昼すぎから雨が降り出して、雨の中並ぶのは嫌だなあ・・・って思ってたんだけど、会場に向かう頃には雨が上がっていたのです。
まさに、この日にピッタリ。

曲の後、あいさつ。
「こんばんは。馬の骨です。雨が降って寒い中、来てくれてありがとう。今日はたくさん曲を用意してるので、楽しんでいってください」
と手を振る泰行くん。

続いては、キリンジの曲「カメレオンガール」。
大好きな曲が2曲続いて嬉しい♪
こまっちゃんの刻む正確で軽快なリズムが心地いい。
この日のこまっちゃんは、終始クールに、半笑い状態で叩いてました。
汗もほとんどかいてないんじゃないかなあ。エコドライブ?(違)
でも、カッコよかったよ!

ふたたび馬の骨の曲に戻って、「枯れない泉」。
聴きながら、この人の声は、どうしてこんなに病みつきになるんだろう?と考えてました。聴けば聴くほどハマっていくんだよね。
コーラス部分では、シュンちゃんとこまっちゃんの声が良く聞こえました♪
無駄のない動きと、聴いていて嬉しくなるこまっちゃんのドラム。
ホントにお手本です。凝視してました(笑)
でも、どうしてそんなに右側ばかり向いてるんでしょう?
その角度好きだからいいんだけどさ。(なら言うな)

ここでMC。

「改めましてこんばんは!馬の骨です!」
(確かに「馬の骨」だけど、こんばんは、馬の骨です、って言われるとなんか笑ってしまう・・・)

「馬の骨としての2枚目のアルバムを出して、(ライヴの)選曲がしやすくなりました。今日は2枚のアルバムからと、キリンジの曲もやります」

2枚目のアルバムを作る時に、ファミレスに通ったりして作っていたそうで、ドリンクバーの話になって、
「子供って、メロンソーダとコーラとか混ぜて、不思議な飲み物を作っちゃったりするでしょ?でも、僕は大人だからやりませんけどね。
でも、そのかわり、炭酸だけのボタンを押して、コーラと混ぜて、最強の炭酸のコーラを作ったりしました。炭酸強め、甘さ控えめ、みたいな」

・・・それ、子供とレベル変わらないから!(笑)
しかも、「甘さ控えめ」って言ってるけど、かなり砂糖が入ってる気が
ちなみにこの話、広島でも名古屋でもやったらしいです。

「まあ、そんなこんなで(どんな?)できたアルバムの曲から・・・」

続いては「遠い季節」。
明るい曲から、ちょっと暗めの曲に。
でも、こんなちょっと寂しげな曲に、あの声が本当によく合うんだよね。すっかり聴き入ってしまいました。
そして「PING&PONG」。この流れ、グッときます。
「終わり行く今日に 何かを刻もう・・・」

続いて「Red light,Blue light, Yellow light」。
赤・青・黄と変わるライト。
時折目を閉じながら叩くこまっちゃんがホントにクールでカッコいいのです。
それにしても、どうしてそんなに右ばかり向いてるんでしょう。
沖山さんを見るでもなく、松江さんを見るでもなく、客席を見てるわけでもなく・・・。そこに何があるんでしょう(^^;)

続いて「Someday Somewhere Somebody」。
この曲がなぜかすごく好きで、アルバムが届いてから何度も聴いてました。
「雨上がりのせいじゃない 新しい気分」
歌詞に雨の出てくる曲が多かった気がします。偶然だけども(笑)

再びMC。
「もうすぐ12月ですね。クリスマスも近いんで、クリスマスソングを聴いて下さい」

そして「Carol」。
「迷子のサンタクロース ずっと待っている
 欲しいものばかり なぜかいつも 手に入らないけど」

それから「Chewing Gum On The Street」。
道路で踏みつぶされたチューインガムの曲。
なんてことない、よくありがちな光景なんだけど、そこからこんな歌詞が広がるっていうのがすごいなあ、と思う。
泰行くんの脳内って、どうなってるのかなあ。

次の曲は「季節の最後に」。
「大声をあげて 殺風景な未来を 七色に塗り変えてこう」
こまっちゃんのコーラス、いい声でした♪

続いて「燃え殻」。
この2曲の流れも、この時期にピッタリで、すごく良かった~!
曲が終わって、拍手が起きるまでに少し間が空いてたから、お客さんも、みんな聴き入っていたんだと思う。



・・・続きはまた。
スポンサーサイト

| Live!Live!Live! | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。