FC2ブログ

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2010.12.30 03:25

1部の続きです。相変わらず長いです(笑)




休憩時間が終わり、第2部開始。
再びメンバーがステージに揃う。今度はさっきとは違い、全員白のスーツ。
パーカッションの仙道さんが手に持った布(袖?)が風になびいて、とても綺麗。
天女みたいでした。

第2部最初の曲は、「Caravanserai」。
冒頭のメロディがせつない。せつないけど、好き(笑)
曲の真ん中あたりのチェロソロから、グッと曲調が変わるんだけど、そこにまた私はグッとくるわけで。
葉加瀬さんのヴァイオリン、柏木さんのチェロ、西嶋さんのコントラバスというトリオは、本当にツボです。
ズシン、と心に響く西嶋さんのベースの音。大好き。

ここで曲紹介があって、次は「大地のうた」。
ステージが明るくなって、メンバーもみんな笑顔で。
バンマス柏木さんは、メンバーとアイコンタクトをとりながら、満面の笑みでした。
白スーツに笑顔なんて反則ですからっっ!

この曲の後、今回のツアーの企画第2弾。
その名も「太郎さんと一緒にヴァイオリンを弾こう!」。

タイトルそのままなんですが、会場からひとり、葉加瀬さんとヴァイオリンを弾きたい人を選んで、一緒に演奏してしまおう、という企画です。
だれが選ばれてもいいように、1/16サイズから8/8サイズまでのヴァイオリンが勢ぞろい。
一番小さい1/16サイズのヴァイオリンを、ちゃんと鳴るかどうか、葉加瀬さんが試し弾き。
葉加瀬さんが持つと、ミニチュアのおもちゃにしか見えませんw
「情熱大陸」のサビの部分でしたが、弾き終わった後、「よし、ちゃんと鳴る!さすがヤマハさん(のヴァイオリン)ですね!」って言われてました(笑)

実は休憩時間の時、お隣の席の人と話していて、一緒に来ている甥っ子さん(小4・小2)がヴァイオリンを習っているので、こんなチャンスめったにないから、手を挙げたら?前の方で見えるし、当ててくれるかもよ?って言ってたんですが・・・

葉加瀬さんが、
「じゃあ、僕と一緒にヴァイオリンを弾いてみたい人!できれば初めて弾く人がいいんですが・・・いませんか?」と会場に問いかけると、やっぱり恥ずかしいのか、手を挙げることができなかったみたいで。ちょっと残念でしたが、やっぱり勇気がいるよね。私でも挙げられないもん。
チェロ練習なら挙げたかもしれないけどね(笑)

で、結局選ばれたのは、会場の後ろの方の女性の方。
髪を短く刈っておられたので、葉加瀬さんも男性か女性かわからなかったらしくて、「えーと・・・どちらですかね?」って聞かれてました(笑)
でも、実際ステージに上がられると本当にわからない!
お話を聞くとお寺の方なんだそうで。・・・納得。
ステージに上がって、たくさんの観客の前でも堂々とされていて、すごいなあと思いました。ヴァイオリンを弾くのはもちろん初めてだそうです。

葉加瀬さんに2つの音の出し方を習って、実際に音を出されたんだけど、きれいな音で、ホントに初めてなの?ってみんな思ったはず。
わずか数分のレッスンで、きれいな音が出せるなんてすごい。
柏木さんをはじめ、バンドメンバーの人も驚きの表情でした。

ずっと続けて、と葉加瀬さんから言われるまま、その方は2つの音を規則的に、交互に弾いていたんだけど、何度か鳴らしたところで、柏木さんへ合図。
柏木さんがうなずいて、メンバーにカウントを出す。
そこで始まった曲は、「エトピリカ」!

初めてヴァイオリンを弾いて、しかも葉加瀬さんに教えてもらってメンバーと一緒に演奏できるなんて一生に一度あるかないかのすごいことなのに、しかも一緒に弾いてるのがエトピリカなんてすごい!
サビの部分では、さすがにこの2つの音では弾けないので、その手前で終わっちゃったけど、とても堂々と演奏されてる姿はカッコよかったです。
会場からとても大きな拍手。

「エトピリカ」はフルで聴けなかったけど、すごくいい企画だったと思います。

この後、「The Cozy Bench」。
「居心地のよい椅子」っていう意味らしいです。
本当に、やさしく包まれるような感じ。ものすごく癒される・・・。
この曲で、この日2回目のウルウルポイントがやってきました。
こんなに心地よい音も、空間も、あと少しで終わっちゃう、と思ったらせつなくて。 

そして、セトリではここで柏木さんのソロなんだけど、この日はその次の曲が先にきました。「One pint of love」。
さっきとは全くタイプの違う、アイリッシュな曲。メンバーもノリノリでした。楽しい!

そして、曲の後、メンバー紹介。まずは仙道さん。
「オン・パーカッション、仙道さおり!彼女はずっと僕のツアーに一緒に回ってくれていて、無くてはならない存在なんですが、ある時僕のところに来て、『太郎さん、結婚して、子供を産むので1年だけお休みをください!』と宣言して、本当にその通り、2008年だけはお休みしていました」とか言ってたかな。

「オン・ベース!西嶋徹!彼も知り合ってからもう10年以上経ちますが、本当に素晴らしいベーシストです。彼の弾く低音にのせてヴァイオリンが弾けることを本当に嬉しく思います」

「オン・キーボード、サキソフォン、フルート・・・ナギ、大島俊一!彼も素晴らしいミュージシャンで、あちこちから引っ張りだこで本当に忙しいんですが、今回だけは一緒に回りたかったので、2010年になった途端、9月から12月までびっちり、彼のスケジュールを僕が押さえました!」

「オン・ピアノ、マチェック・ヤナス!彼とももう長い付き合いになります。半分イギリス、半分日本という生活で、ほとんどポーランドにも帰ってないんですが、彼は日本が大好きです。日本の女の子も大好きです」

「オン、ギター、中山将章!彼は初め皆さんと同じ、コンサートに来てくれていた観客のひとりでしたが、僕と一緒にツアーを回るようになりました。年々ギターの腕も、体格も円熟していっています」

「で、この真ん中の方。この人誰?って思ってる方も多いと思うんですが、ギターを弾いたり、いろいろ機械の操作をしています。マニピュレーターと言って、パソコンで音を作っています。ジュリーのような帽子を被ってます。カッコいいです!八巻誠!」

「そして、最後にこの方。僕とはもう20年以上の付き合いになります。このコンサートの音楽的なことを一切仕切ってくれています。音楽監督です。そしてこの後の打ち上げを仕切るのも彼です。僕のコンサートに、彼はなくてはならない存在です。オン・チェロ!柏木広樹!
柏木くんはソロとしても活動していて、コンサートもやってますし、僕のHATSというレーベルからCDをコンスタントに出しています。今日もCDを持ってきています。外で売ってますので、終演後にロビーで手にとってみてください。手にとって、見て、そーっと戻してください(笑)」

ここで柏木さん、ガクッと肩を落とすリアクション(^^;)
このMCはお約束ですね。去年も聞いた(笑)

「そんな柏木くんの曲を、今日は1曲やりたいと思います。9月15日に出た最新のアルバム、『cocoro~relation~』のタイトルチューンで、『relation』!」

もちろん、ひときわ大きい拍手を送りましたよ(笑)

柏木さんのチェロの音は、本当にあったかい。
時に笑顔で、時におすまし顔で、時に大きく目を見開いたり。
弾いてる間はコロコロ表情が変わって、目が離せなくて。

コーラス部分は最初は小声で歌ってたんだけど、ラストの方で葉加瀬さんが「歌って!」という風に会場にマイクを向けたりしてたので、最後の方はノリノリで大きな声で歌ってました。
そしたら、いきなり柏木さんと目が合ってしまって、にこっと笑われた後、「うんうん」って感じでうなずかれたのです。

勘違いだろ?って言われてもいいです(笑)
あの満面の笑みを見られただけでも、大満足。

曲が終わった後、さらに大きな拍手を送りました。

興奮(私の)がさめやらぬうちに、次の曲。
柏木さんがカウントを出し、始まったのは「The Mission to Complete」。
アニメの主題歌なのかな?007のスパイのようなイメージの曲なんだそうで。
そしてこの曲の後は、定番のあの曲!

イントロが始まって、葉加瀬さんが「立って」と促すと、ほとんどの人が立ち上がって大きな手拍子。本編ラストはもちろん「情熱大陸」!
これを聴かなきゃ帰れないでしょ?
去年よりさらにロック色(ディスコ色?)が強くなってて、さらに盛り上がる!途中ではメンバーがジュリアナよろしく羽つき扇子を振ってました。
しかもパラパラのように無表情で、かなり真剣に(爆笑)
黄色とピンクの扇子があったかな。
柏木さんは黄色でした(←そこしか見てないのかw)

そしてそして、これを見ないと年が越せない!(大げさw)お待ちかねのチェロソロ。
さっきまで座っていた椅子から立ち上がり、その椅子におもむろに足をかけ、登る!

そしてエビ反り弾き来たーーーーーー!(←個人的に大盛り上がり)

落ちるんじゃないかとハラハラしたりもしながら、見届けた!という達成感(笑)


曲が終わり、大きな拍手の後、葉加瀬さんが再びメンバー紹介。
「オン・パーカッション!仙道さおり!」
仙道さんは両手でハートを作ってました。かわいい!
「オン・ベース!西嶋徹!」西嶋さんは両手で四角を。
「オン・キーボード!大島俊一!」大島さんはハート。
「オン・ピアノ!マチェック・ヤナス!」マチェックもハート。
「オン・ギター!中山将章!」マサくんもハート。
「マニュピレーター、八巻誠!」八巻さんもハート。

じゃあ、ラストのバンマスさんもハートだろう、と思って私も両手でハートを作って準備してたんだけど(他のメンバーの時もやりましたよ?一応言っとくw)。

「オン・チェロ!柏木広樹」

その時、柏木さんはハートを出さずに・・・

なんと


客席に向かって投げキッス!(しかも2回!)

ひゃ~!!(←予想外の事態に動揺)

なんでそんなにハイテンション?そんなにサービス?(違)
しかも満面の笑みで会場に手を振って退場されました・・・。

もちろん、客席はアンコールの拍手の最中なんですけど、私、動揺(笑)
お隣の女性は、休憩の時お話して、私が柏木さんファンだと知っていたので、
「すごい特等席でしたね~!よかったですね~!」ってすごく喜んでくれてました(笑)

私も、「ありがとうございます!よかったです!」ってなぜかその方にお礼を言ってた(笑)


それから少しして、再びメンバー登場。
いや~、なんか照れる。(←私にだけしたんじゃないからw)

葉加瀬さんMC。
「最後の曲は、NHKの連続ドラマ『てっぱん』の主題歌として、毎日流していただいています。『ひまわり』という曲です。ひまわりは、僕が子供の名前につけるくらい大好きな花なんです。漢字で『向日葵』と書いて、『ひまり』と言うんですけどね」

そして「ひまわり」。この曲も大好きです。
アルバムでは則さんがドラムなんだけど、仙道さんもカッコいい。
途中、客席に照明が当てられて、ステージ上が見えなくなったと思ったら、そのあとステージの背景が一面のひまわりに変わってた!
客席から歓声があがってました。


そして、名残惜しいけれど、帰りたくないけれど、この曲で本当におしまい。
今回もたくさん笑って、ちょっぴり泣けて、でもとっても楽しいライヴでした。
来年もまた絶対行きます!(←気が早い)





終演後、握手会。行ってきましたよ。

柏木さんは、グリーンとネイビー系のクレリックシャツで登場。
去年ちょっとお疲れ気味だったのが気になったけど、今年はすごくニコニコでお出ましでした。

すぐに順番が回ってきたので、言おうと思っていたことを早口で言うのは、結構いっぱいいっぱいだったんだけどね(笑)
握手終わったらすぐ次!みたいな流れ作業だからさ。

でも、ちゃんと伝えましたよ。
「柏木さんのチェロの音も、曲も大好きです」
そう言うと、満面の笑みで「嬉しいです!ありがとう!」って言ってくれました。
「福岡ではなかなかソロやデュオでのライヴが見られないので、いつか来てくださいね」と言うと、
笑顔でうなずいて、「はい。」って。

なかなか実現は難しいんだろうけど、いつかかなうといいなあ。



・・・というわけで、私の今年のライヴ納めはこんな素敵なライヴでした。
帰り道はふわっふわに溶けてたよ(笑)


長々と読んでくれてありがとうございます。
大掃除以上にやりきった感でいっぱいです(迷惑だってば)

それでは、皆様、よいお年を!
スポンサーサイト

| Live!Live!Live! | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。