FC2ブログ

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.08.16 23:45

MacBook Proを使い始めて約半年。
仕事が忙しくて、なかなか構ってあげられないのだけれど。
それでも、なんとか使えるようにはなってきました。

仕事で使えるようにOffice付きにしたんだけど、やっぱりMacで書類作ると開けなかったりとかすることもあったり、バージョンが違うとやりたいことを探すのが大変だったり。
なので、結局今まで使ってたWindowsマシンで書類を作ってました。

でも、Windowsマシンは子供たちに譲ったし、いつまでもこのままってのも不便だし。
だからと言ってMacを辞めるつもりはないし。

あれこれ考えた結果、MacにWindowsをインストールすることにしました。
元々、MacでWindowsを起動できるBoot Campという機能がついてるんだけど、これだとOSを切り替えるときに再起動が必要らしいのです。

それなら、WindowsマシンとMacを並べて起動させてるのと何も変わらないじゃん…
つまり、今と全く変わらない。

Windowsで作った書類をMacでも開きたいし、画像のやり取りとかもしたい。
Windowsでしか使えないソフトも使いたい。

だけど、今みたいにいちいちUSBメモリやアップローダーを使うんじゃ意味が無い。
2台使うんじゃ意味が無い。

…ということで、仮想化ソフトを導入することにしました。

とりあえず手始めに。



メモリとWindows7を買ってきました
肝心の仮想化ソフトはまだ買ってないんだけど…(笑)

なぜかというと、行ったお店には仮想化ソフトが置いてなかったというのと、Windows OSはDSP版を買いたかったから、メモリと一緒に買う必要があったのです。

DSP版は、メモリなどのハードウェアを一緒に買う必要があるんだけど、通常版よりも1万円程度安く買えるから。(1万円の差はかなりすごいし)

ホントは、ネットで買えばDSP版のOSもメモリも今日買った値段よりもっと安いのだけど(トータル5千円くらい違う)、レビューとか見てたら、表示と違うものが入ってたとかいうトラブルもいくつかあるみたいなので、少しくらい高くても、目の前で実物を見て買える方にしました。
ええ、小心者なもので

で。

まだWindows7はインストール出来ないんだけど(仮想化ソフトが届いてからね)、メモリの換装は無事終了しました
MacBookについてた取説見ながら頑張ったよ!ドキドキしながらね

電源入れて、ちゃんとメモリ8GBって表示された時はホッとした~!

で。

あれこれ悩んだ挙句、仮想化ソフトはこれにしました。

VMware Fusion 4/アクト・ツー
¥4,900
Amazon.co.jp

週末には届くかな。


スポンサーサイト

| Mac | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

1. うーむ。

私にはお話が難しくてチンプンカンプンです。笑

| コヤ☆ | URL | 2012.08.17 12:56 | 編集 |

2. Re:うーむ。

まあ、要するにMacの中にWindowsを入れちゃおう、という話です(笑)
実は私もそんなに詳しくなかったりする…(^^;)

| さりー | URL | 2012.08.17 16:58 | 編集 |

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。