FC2ブログ

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.09.05 23:55

靴を買いました。



Think!というオーストリア生まれのコンフォートシューズ。

実は、かなり前から気になっていたんだけど、靴を履くと右足の親指の付け根のあたりが靴に当たって痛かったのです。

で。

痛いからあまり歩かない→ちょっと長い距離を歩くとすぐ疲れる
痛い右足に合わせて大きめの靴を買う→左足のサイズが大きくて歩きにくい

…というような状態をここ数年繰り返していて。

お盆に帰省した時、1日中クロックスを履いてた日があったのだけど。
そしたら、右足の親指の付け根のところが赤くなって、水ぶくれになってしまいました。

これがちょっとショックで。

何故かというと、今までクロックスは、唯一痛い部分が靴(サンダル)に当たらなくて、いちばん楽に履けてた(気がしてた)のです。
なのに、赤くなって水ぶくれになってるということは、擦れてるってことで。
つまり、ちょっと外反母趾ぎみの右足が、以前より進行してる…?
それから、ネットで色々調べて、紙の上に足を置いて型を取って角度を測ってみました。

で、今はまだそんなに重症ではないけれど、これが進行して行ったらまずい

ということで、昨日は整形外科に行って来ました。
レントゲンを撮ってもらったりして、軽度の外反母趾であるとの結論。
ちゃんと足に合った靴を履くこと。足の指の筋力が落ちないように、トレーニングをすること…などを注意されました。
軽症ではあっても、曲がったものは元には戻らないので、これ以上進行しないようにしなければならない、と。

確かに、↑にも書いたけど、今履いている靴が合っていないのはわかってる。
ちゃんと合ったものを買わなきゃ。もちろん足に優しい靴がいいな。

で、今日、ちゃんと測定とアドバイスをしてくれるシューフィッターさんのいる靴屋さんへ。

お店のHPを見たりして、そういう靴が一般の靴に比べて高いのはわかってた。
でも、きちんと合ったものを買わないと意味がないし、進行して手術するような事態になったら…と思うと恐怖で
なので、意を決して行ってきました。

きちんと足の幅、周囲、長さ(つま先から踵までの)を測り、歩き方のチェック、姿勢のチェックなどの後、合いそうなものを何種類か出してもらいました。

で、履いて歩いたとき、いちばんビッタリだと思ったのが、この靴。
いかにも「コンフォートシューズ」っていうデザインじゃないのもいい。

今まで、本格的に足のサイズとか測ったことなんかなくて、おおよそこのくらい?というサイズのものを試着して、何歩かその場で歩いて、良ければ買う、というのが通常。
なので、微妙に合ってなかったり、時間が経つときつく感じたりするのは仕方ないのかなあ…と思ってた。

でも、実際ちゃんと調べて選んでもらったこの靴は、履いた瞬間からものすごくピッタリだったのです。これには驚きました。
今までこんなに足に馴染む靴を履いたことがなかったので。
右足の痛い部分にも靴が当たってるんだけど、ちっとも痛くなくて、むしろ包まれてるような感じ。

ほんのちょっと歩いただけでは、合ってるかどうかわからないから…と言われたので、何度も歩いたり、履いたまま座って店長さんと雑談したり。
でも、痛くならないし、疲れませんでした。すごい!

店長さん曰く、「売り場の靴に自分の足を合わせるのではなく、自分の足に靴を合わせるんですよ」と。

…なるほど。靴に無理に合わせると足にトラブルが起きるもんね。

確かに靴のお値段はいい値段なんだけど、実際履いて歩いてみたら、
「痛みから解放されて、毎日この快適さが続くなら、この値段を払ってもいい」って思ったので、お買い上げ。

明日から履くのが楽しみ~

ちなみに、黒か茶色の靴を買いたかったのだけど、緑になっちゃいました
緑と言っても、実際はこの色に近い感じ。

黒に近い深緑。綺麗な色です

しばらく履いてみて、もっと気に入ったら、違うデザインのものが欲しいな。
…それまでにお金貯めなくちゃ


スポンサーサイト

| 日々のこと。 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。